遺産相続・登記・債務整理・不動産売買の司法書士法人市川事務所|神奈川県横浜市・藤沢市・逗子市・平塚・茅ヶ崎・横須賀・鎌倉での各種手続きはご相談ください。

市川事務所

  • HOME
  • 事務所案内
  • 業務案内
  • Q&A
  • 料金表
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • アクセス
  • HOME
  • 新会社法に沿った定款の見直し
新会社法に沿った定款
定款の見直しとは
定款は、会社のあり方及びその活動の基本を定める根本規則です。
新会社法の下では、最低限のルールだけ法律に定め、定款の内容をどのように定めるかによって会社のあり方そのものを決定できるようになっています。
そのため、これまで以上に定款が重要視され、金融機関や取引先などから定款の提出を求められる機会が増えると思われます。
 ページトップへ
多数の用語変更や、定款のみなし規定を反映させる必要があります。

新会社法施行による多数の用語変更や、定款のみなし規定があります。
会社は、株主や債権者からの定款の閲覧・謄抄本の交付請求があった場合、これに応じなければなりませんので、変更事項を反映した定款を作成する必要があります。


会社を設立したときの定款のまま、自社の定款規定がどのようなものかわからなくなっている方もいらっしゃるでしょう。新会社法施行を機会として定款を修正し、作成し直すことを検討してみてはいかがでしょうか。
 ページトップへ
それぞれの会社に合った経営形態・決定方法を選択できます。
定款の見直しによって、例えば次のような経営形態も可能になります。
  1. 最もシンプルな形として、取締役1名のみで、取締役会・監査役を設置しないとすること
  2. 取締役・監査役の任期について、最大10年まで延長すること


旧商法の規定により、やむを得ず役員の員数を確保し、実際はお一人で全て行っているような会社や、役員の改選を定期的に行う必要性が低い同族会社など、新会社法施行を機会として定款の見直しを検討してみてはいかがでしょうか。

 ページトップへ
 
どんな費用がかかる?

定款の見直し費用   2万円~
※定款変更の結果、登記事項に変更が生じる場合、登記手続きのための報酬・登録免許税が別途掛かります。

貴社の今後の方向性を考えながら、様々な選択肢のメリット・デメリットを比較検討し、最適な定款変更と必要な登記手続きをいたします。
お気軽にご相談ください。

 ページトップへ

無料相談・お見積り
無料相談
あなたの借金見直しませんか?

借金問題無料相談ドットコム

--債務整理専用携帯サイト--

QRコード

携帯にURLを送る

間違いのない登記のために お役立ちリンク集 どのくらいの料金??ほむにこ相談室の少しだけ読みたくなるブログイチジム武蔵小杉の法政通り日記ほむにこ市川のちょっとだけ思う事

----対応エリア----

逗子、葉山、鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、平塚、横浜、横須賀、三浦、大磯、大和、栄、金沢、戸塚、厚木、小田原、二宮、海老名、横浜市(港南区、磯子区、泉区、南区、中区、西区、神奈川区、瀬谷区、旭区、保土ヶ谷区)

-----------------

神奈川県横浜市・藤沢市・逗子市の司法書士法人市川事務所(横浜、藤沢、平塚、茅ヶ崎、横須賀、鎌倉)
不動産売買・登記・債務整理(過払い金請求)・任意整理・自己破産手続き・商業登記、会社設立、諸手続きなど司法書士法人市川事務所にお気軽にご相談ください。